一本桜紀行 - 是哉寺地蔵桜

今日は一本桜紀行の第4回目を。今回は福島県田村市の「是哉寺地蔵桜」を。2010年5月1日に訪問・撮影。

実は前日とこの直前に、既に第3回目の一本桜紀行に投稿した「小沢の桜」を撮りに行っている。なので、そこまでの経緯は「小沢の桜」の投稿記事をぜひ読んでいただきたい。

さて、5月1日の早朝、小沢の桜を後にし、タクシーで10分?いくかいかないかのところだろうか、午前7時30分過ぎ、お目当ての「是哉寺地蔵桜」へ到着。
樹齢約350年のエドヒガンで、樹高は約15mといったところ。と、ここまでは知っていたが、実際に観に来てみてびっくり!! 見事なピンク色!! 東京近辺はもちろん、日本全国でおなじみのソメイヨシノとはまったく違う濃いピンク色の花。もちろん花の色自体は個人の好き嫌いの問題だが、自分はピンクの濃い桜が好きなので、これは嬉しいサプライズ。(^-^)
ちなみに、自分がこれまで実際に訪問して観てきた(撮ってきた)桜の中では、この桜が一番濃いピンク色をしていたように思う。あの時の驚きは今も鮮明に思い出す。
ところで、是哉寺地蔵桜といっても、是哉寺自体はこの桜のすぐ脇にあるのではない。残念ながら自分は是哉寺自体には訪れなかったが、桜から歩いて5~10分ほどのところではなかろうか。。(すみません、未確認です。。) でも、お地蔵さまは確かに桜の傍らに。
この桜、背後は山のようになっているものの、撮影可能なアングルはそこそこ広い。なので、タクシーの運転手さんには桜の近くで待ってもらいながら、正面から撮ったり、横にまわって撮ったりと足を使って撮りまくる。前回の投稿でも書いたが、春は雲の形が定まらず、しかもすぐに変わっていくので雲の形と位置がいい状態になるタイミングを図る必要があり、結構撮りづらい。秋のうろこ雲などが出ていたら撮りやすいだろうし、意外にいい風情かも、など勝手に考えながら待たせていたタクシーの運転席をちらりと見ると、、、、運転手さん、とても退屈そう。いかん、早く撮影終わらせよう、と思いながら70枚ほどで撮影を終了し、タクシーへ戻る。

この桜に限らず、地元の方は見ようと思えば一年中一本桜を見れるし、なんといっても日々の生活があるからだろう、あまり関心が強くはなさそう。むしろカメラマンなどの、はっきりとした目的を持つような人でないと、一本桜を意識することは少ないのかも知れない。
そんなことを考えながら、「次は「下山田の桜」に行ってください!」と、自分は元気よく一本桜撮りの旅を続けた。。

撮影:福島県田村市(2010年5月)
Canon EOS 5D MarkⅡ / Canon EF24-70mm F2.8L USM
Canon EOS 5D MarkⅡ / Canon EF70-200mm F4L IS USM

IMG_1101 (1500x1000).jpg

IMG_1117 (1500x1500).jpg

"一本桜紀行 - 是哉寺地蔵桜"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: